【Veeam Backup & Replication v11】Enterprise Manager (Web UI)のローカライズ対応を実際に試してみました!


先日、Veeam Backup & Replication v11のRTMが提供されました。
特に要望の多かった、Enterprise Managerの日本語化について、弊社クライムも早速試してみましたので、本ブログにてご紹介します。

Veeam Backup Enterprise Manager v11からは、業界標準のGetTextローカライゼーションがWeb UIに追加され、
ブラウザの翻訳機能を使用することなく、日本語など指定した言語で表示が可能になります。

使い方は、非常にシンプルで、Enterprise ManagerのWeb UIログイン時に言語を指定するのみです。

日本語を選択してログインすると、日本語でダッシュボード画面が出力されたことがわかります。

 

ダッシュボード画面だけでなく、例えばバックアップジョブの細かい設定画面も、ローカライズされており、非常に使い勝手が良くなっています。

Enteprise Managerの設定画面も、ローカライズされていました。

この他にもVeeamではv11より多くの機能追加が予定されています

クライムでは、v11リリース後も技術ブログを通してVeeamの魅力を紹介していきます!

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください