バックアップ保持とスケジュールに関するベスト・プラクティス


保持(リテンション)ポリシーとは

データ保持ポリシーは、運用上または規制上のコンプライアンスのニーズに関する情報を保持するために組織が確立した手順です。

データバック・アップの保持とライフサイクルのチェックリスト:

データ保持ポリシーを作成するときは、次の保持基準値とライフサイクルの推奨事項の手順に従ってください。

1.タイプごとにデータを区別: 通常、バックアップと保持の設定は、オペレーティングシステム・ファイル、データベース、ユーザ・ドキュメントによって異なります。 これらの設定は、内部RTO / RPOの考慮事項、災害復旧、ビジネス継続性計画、常識に基づいている必要があります。 復元(リストア)のタイミングはどの程度細かくすべきか? 月次、週次、日次、時間単位の復元ポイントを利用できる必要があるか? 仕事用ファイルと個人用ファイルの保持設定はどうするか?

2.ライフサイクルによってデータを区別: 場合によっては、データを数週間保存し、必要なときにできるだけ早くアクセスできるようにする必要があります。 他の一部のデータは何年も保存してから安全に削除する必要があります。 すばやくアクセスできるように、頻繁に必要なバックアップをローカルに保存できます。 クラウドに長期アーカイブを保持できます。

3.これらの定義したデータセットごとにバックアップ計画を作成します。

4.これらのプランについて、保持設定を定義

●保存するバージョンの数: バージョンは、以前の状態とは異なり、ストレージに保持されているファイルのフル・コピーです。

●各データセットのライフサイクル・ポリシー: たとえば、コンプライアンスの目的でデータを保存している場合、多くの場合、かなりの長期保存することが期待されています。 コンプライアンスの目的でのみ必要となるデータを定義できます。 次に、その専用のバックアップ計画を作成して、必要な時間だけアーカイブ・ストレージに保持することができます。 保持ポリシーの設定は、バックアップ・ストレージのタイプまたはクラスによって異なる場合があります。 素早いアクセスのために、頻繁に必要なバックアップをローカルに保存し、長期的なアーカイブはクラウドに保持できます。

●不要なファイルの削除: 削除設定は、古いファイル、不要なバージョン、またはローカルで削除されたファイルを自動的に削除します。 この設定は通常、柔軟で非常にパワフルです。 ファイルを削除すると、元に戻すことはできません。 したがって、どんな削除設定を選択しても、通常は常に最新バージョンを保持することが推奨されます。

5.バックアップ計画と保持設定を再検討します。

6.バックアップを実行します。

バックアップを実行します。データバックアップの保持とスケジュールのベストプラクティス

1. FISMA、HIPAA、PCI、SOX、GLBAなどの業界レベルの規制では、データの種類ごとに保持期間の要件が異なります。 たとえば、SOXコンプライアンスでは、売掛金または買掛金の元帳と納税申告書を7年間保持し、顧客の請求書は5年間保持する必要があります。 これらの規制を確認し、業務を開始する前にそれらを厳守していることを確認してください。

2.保持シナリオとスケジュール・ポリシーは、復元シナリオに従って設定する必要があります。 たとえば、データセットが削除されてから1年後に必要となるデータセットがある場合には設定はそれを反映する必要があり、このデータが適切に保存されていることを確認する必要があります。

3.バックアップチェーンは、14増分という適切なサイズの範囲内で増分バックアップに保つことを推奨します。 したがって、時々にフルバックアップをスケジュールすることを推奨します。

4.また、本番システムで実行されるバックアップジョブは、これらのシステムの接続性とパフォーマンスに影響を与える可能性があることを考慮に入れる必要があります。 データのアップロードにより、帯域幅が消費され、システムのI / O負荷が増加する場合があります。 したがって、営業時間外または週末に実行するように週次のバックアップをスケジュールしてください。 日次のバックアップについては、帯域幅調整を使用してネットワーク負荷を最適化することを推奨します。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください