バックアッププロキシ追加(Backup Proxies)VMware設定


Veeam Backup & Replication Ver6よりバックアッププロキシを設定することが可能となりました。
バックアッププロキシを設定することでバックアップ処理のバックアッププロキシ、レプリケーション処理のソースプロキシ、ターゲットプロキシに設定することができます。
プロキシに処理を移行することで、既存サービスへ影響が出ないようリソースをコントロールすることや同時にJobを実行する際に処理を分散することが可能となります。

バックアッププロキシへ追加することで設定可能となります。

VMware環境で使用するバックアッププロキシを追加する方法について

①Backup Proxyにて右クリックし、「Add VMware Backup Proxy」をクリック

②サーバ設定

・既に追加されているサーバの中からサーバを選択
・転送モードを選択
・接続データストア選択
・最大同時処理数設定

③設定完了

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください