[Version6.5 の新機能]Veeam の構成のバックアップ【Veeam Backup & Replication】


Veeam Backup & Replication Version6.5 の新機能を紹介します。

Version6.5 では Veeam の構成のバックアップ/リストアが可能になりました。
・バックアップインフラストラクチャの構成データ:vSphere/Hyper-V ホスト、HP の SAN ストレージ、バックアッププロキシ、バックアップリポジトリなど。
・ジョブ構成データ:バックアップやレプリケーションのジョブ、登録されたバックアップファイルやレプリカ、リストアポイントなど。
・Veeam の設定:ユーザの役割、SMTP の設定など。

他のジョブのように定期的に実行するようスケジュールを組むことも可能です。
また、構成バックアップファイルの保存期間を決めることも可能になっています。

Veeam の構成をバックアップしておくことにより、Veeam サーバに障害が発生したときに、
新規 Veeam サーバにリストアすることで即座に運用が開始できます。

■リストアの流れ
インストール直後の Veeam サーバです。サーバが追加されていません。

リストアウィザードでサーバのパスワードを入力します。

リストア終了後、サーバの追加やジョブが作成された状態に戻ります。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください