Veeam自身のジョブ情報や接続情報をバックアップ・リストア【Veeam Backup & Replication】


もしもバックアップサーバ自体に障害が発生し、設定情報が全て消えてしまった場合、バックアップなどを再開するために改めてESXiやHyper-Vを登録し、大量のジョブを作成するには大変な手間と時間がかかります。

しかしVeeam Backup & Replication Ver6.5の新機能であるVeeam自身のバックアップ機能を利用すれば、その手間を大きく短縮し、すばやくバックアップやレプリケーションを再開することが可能です。

※バックアップファイルをインポートすることでもリストアや新規ジョブへの対応付けは可能です。
しかしこの新機能ではサーバの登録情報やジョブ自体を、空のVeeamサーバにリストアすることが可能です。そのためVeeamサーバ自体の移行等に用いることも可能です。

Veeam管理コンソールの左上のメニューからConfigration Backupをクリックします。

Veeamサーバの設定情報のエクスポートを設定するウィンドウが開きます。
ここでバックアップの保存先やバックアップスケジュールを設定することが可能です。

この設定画面からRestoreをクリックすると設定情報のリストアウィザードが開始されます。
初めにバックアップファイルを指定します。

次にバックアップファイルにはセキュリティの観点からパスワードは保存されていないため、各接続先サーバのパスワードを入力します。

次へ進むとリストア情報のまとめ画面が表示され、さらに次へ進むとリストアが開始されます。

このようにウィザードを進めるだけでバックアップ時に登録されていたESXiやHyper-Vへの接続情報やバックアップジョブやレプリケーションジョブの設定情報がリストアされ、データ保護を再開することが出来ます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください