ファイルレベルリストアでサポートしているファイルシステム【Veeam Backup & Replication】


Veeam Backup & ReplicationではバックアップファイルやレプリカVMから特定のファイルのみを直接復元できます。この記事ではVeeamのファイルレベルリストアがサポートしているファイルシステムをゲストOSごとに紹介します。

● ファイルレベルリストア
実行時にはバックアップファイルを展開しません。バックアップファイルの中身を直接Veeamサーバにマウントし、備え付きのVeeam Backupブラウザで表示します。ブラウザからファイルを選択しリストアを実行します。

● サポートしているファイルシステム
基本ディスクだけでなくLinuxのLVMやWindowsのLDMもサポートしています。

バージョン8.0
Guest OS サポートしているファイルシステム
Windows NTFS
FAT
FAT32
ReFS
Linux ext
ext2
ext3
ext4
ReiserFS
JFS
XFS
Btrfs ※1
Unix JFS
XFS
UFS
BSD UFS
UFS2
Solaris UFS
ZFS(プールバージョン5000まで)
※2
Mac HFS
HFS+
Novell Novell Storage Services

※1:BtrfsはVeeam B&R v8 Patch 1より対応開始
※2:Oracle SolarisはOracleのライセンス上の制限からサポートされません。


バージョン7.0
Guest OS サポートしているファイルシステム
Windows NTFS
FAT
FAT32
ReFS
Linux ext
ext2
ext3
ext4
ReiserFS
JFS
XFS
Unix JFS
XFS
UFS
BSD UFS
UFS2
Solaris ZFS(プールバージョン23まで)
Mac HFS
HFS+
Novell Novell Storage Services

バージョン6.5

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください