StarWind VSAN ZFSファイルシステム と LinuxベースのStarWind VSAN


今日のビジネスでは、大量のデータを保存し、そのデータが確実に利用できるようにしなければ企業の存続はありません。データはかつてないほど重要であり、大多数の企業は重要なプロセスやサービスを提供するために巨大なデータストアに依存しています。これまでは、必要なパフォーマンスと容量を提供するために、高価な専用ストレージ・アレイやハイエンド・デバイスを購入しなければなりませんでした。

StarWind VSAN ZFSファイルシステム

StarWindは、StarWind VSANとZFSファイルシステムにより、専用の非常に高価なハードウェアへの依存から脱却します。ZFSは、大量のデータを保存するために必要なエンタープライズグレードのファイルシステムであり、データの破損を防ぐための弾力性も備えています。

ZFS (Zettabyte File System)は、主にUNIX系OSで利用できるファイルシステムの一つです。広大な記憶領域を一括して管理することができる。米Sun Microsystems社が自社のOS製品であるSolarisに実装したもので、オープンソースとして公開され様々な環境に移植されています。

StarWindでは、ZFSファイルシステムを採用しています。ZFSファイルシステムを採用することで、大容量データのバックアップに必要なパフォーマンスと回復力機能を備えたエンタープライズクラスのストレージ・システムを構築できます。

StarWind上のZFSは、容量、パフォーマンス、回復力を必要とする企業にとって強力な選択肢となるような、いくつかの優れた機能があります。それは以下の通りです。

・非常に高性能なファイルシステム
・データインテグリティ機能
・マルチレベルのリダンダンシー
・低SMBコストによる低TCOの実現
・ミラーリング、Z1、Z2、Z3といったあらゆるRAIDZレベルでの冗長性
・データおよびメタデータの自動整合性チェック
・256trillion yobibytesのストレージ容量をサポート
・StarWindクラスターは、ノード、ディスク、ファイルシステムの各レイヤーで保護を提供

StarWind NASとSANプールのレイアウトのセットアップと構成中に、ソリューションのZFS構成を構成します。ZFS 構成オプションには以下のものがあります。

・ZFS\Stripe
・ZFS\Mirror
・ZFS\RAIDZ

zfsによるストレージプールの作成

LinuxベースのStarWind VSAN

ZFSファイルシステムをLinux VMに組み込んだStarWindは、柔軟でプロビジョニングが容易なエンタープライズクラスのストレージ・システムを低コストで実現します。これにより、以下のようなさらなるメリットが得られます。

・ソフトウェア・デファインド・ストレージ・スタックを導入するためのWindowsライセンス費用が不要
・オープンソースのLinux OS – ベンダーに縛られることなく、パッチや変更を迅速に導入することができます。
・Linuxのアジリティ – 非常に機敏性のある最先端のOSを提供して、StarWindソリューションがネイティブなLinuxの機能を利用できます。
・簡単な導入 – StarWindからダウンロードしたVMアプライアンスを、VMware vSphere環境またはHyper-Vに簡単に導入できます。

関連トピックス