StarWind Virtual SANのL1、L2キャッシュ処理でシステムパフォーマンスを改善[StarWind VSAN事例:VISMA様]



『StarWindはトラブルシューティングを円滑にし、システム制御とサポートを改善してくれました』― システム管理者、シプリアン・ビザ氏

課題

VISMAのインフラストラクチャにはPoC(概念実証)環境、ラボおよび純粋なテスト環境が含まれ、Hyper-VとESXiによる10件のホストで構成されています。iSCSIターゲットサーバーとして使用するWindows Serverの機能をさらに拡大し、キャッシュ処理の原理によってシステムパフォーマンスを改善することを目標としていました。したがって、その要件を満たす新しいソリューションを見つける必要がありました。

解決策

上記の要件を満たすためにVISMAが選んだのは、StarWind Virtual SAN(VSAN)でした。使いやすく、コンフィギュレーションが簡単で、Windows ServerとVMware vSphere製品の両方と統合できる点が魅力でした。StarWind VSANではL1キャッシュにRAMを、L2キャッシュにフラッシュメモリー使用して、ディスク リクエストの処理を高速化しています。また、StarWindでは、高いパフォーマンスと確実なデータ保護を実現するために、L1キャッシュにはライトバック(write-back)方式、L2キャッシュにはライトスルー(write-through)方式の適用を重視しています。そのようなStarWindのL1およびL2 キャッシュメモリーへのアプローチとそれにもとづく設計により、VISMAはトラブルシューティングの円滑化、システム制御とサポートの改善に成功しました。

顧客について

VISMAは、ビジネスプロセスの自動化と管理で欧州市場を牽引するソフトウェア会社です。特に、エンタープライズ、中小企業、コマース ソリューション、カスタム ソリューション、小売り業の各分野に戦略的に対応する5大ビジネス領域に力を注いでいます。業務管理プロセスを円滑化するソリューションおよびソフトウェアを開発し、15年以上にわたり顧客ビジネスに利益をもたらし続けて、経営基盤を確固たるものとしています。

業種

ソフトウェア開発

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください