Zerto 6.0新機能:AWSからのフェイルバック機能が追加! クラウドDRがより柔軟に!


現行最新版Zerto Virtual Replicationの6.0がリリースされました。今回のバージョンでは、Azureだけではなく、AWSからのフェイルバックも可能となり、クラウド環境への柔軟性が更に強化されております。


他にも、Zerto 6.0では各プラットホームに対して、以下のような強化が実装されております。

  • AWS
    • AWSからのフェイルバック(レプリケーション)
    • AWS-Azure間のクラウド間レプリケーションやAWSからオンプレミスへのレプリケーションも可能
  • Azure
    • Azureからのフェイルバック時、プレシード機能が対応
    • Azureサイト間のレプリケーションが可能に
  • Hyper-V
    • SCVMMとの連携強化
  • vSphere
    • レプリケーション可能容量拡張(96TBまで)
    • vCloud Director対応強化
  • その他
    • Linuxのファイルレベルリストアが可能に

AWSからのフェイルバックだけではなく、AWSをソースとしたレプリケーションも可能となっておりますので、クラウド間でのDR対策もZertoで簡単に実現することができます。

※AWSをソースとしたレプリケーションの詳細な手順や流れについてはこちらの記事をご覧ください

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください