N2W Backup & RecoveryがAWS とAzureのバックアップを可能に


N2W Backup & Recoveryは、Ver4.0アップデートでMicrosoft Azureへの機能拡張により、パブリッククラウドへのバックアップを拡大しました。

N2W Backup & Recovery (N2WS)は、Azure VMの自動保護機能を追加し、AWS以外のバックアップとリカバリの機能を拡張しました。この機能は、今後のアップデートでより完全なものになる予定です。


N2WS Backup & Recovery Ver4.0は、Microsoft Azure上で動作するVMと仮想ディスクを保護する機能を導入しました。これにより、AzureとAWSの両方を利用するN2WSのお客様は、同じ製品と同じインターフェースで、両方のデータを保護できるようになります。

N2WSは、ユーザのAWS環境に導入されるバックアップとリカバリのオーケストレーションエンジンで、APIを使用してスナップショットを取得し、メタデータを収集するものです。これらを使ってAWS環境を以前の状態に戻すためのソフトウェアで、保持率の推奨や、Infrequent AccessやGlacierなど他のAWSストレージ層へのデータ移動などの追加機能を備えています。

Ver4.0ではAzure単体のリリースが十分でなかったため、Azureへの対応はAWSとAzureの両方を利用するマルチクラウドの顧客のみを対象にしていると、N2WSは伝えています。N2WSにとって、他のパブリッククラウドに進出するのは今回が初めてであり、小規模から始めています。

N2WSは、Azureでの機能をAWSと同じレベルにするためにMicrosoftと協力しています。さらにN2WS Ver4.1では、より多くのAzureストレージ階層をサポートし、多くのAzureの機能を追加されました。


N2WSのVer4.0アップデートでは、RDSからS3へのスナップショットリカバリ機能も導入されました。これにより、大規模なAmazon RDS MySQLデータセットを持つユーザは、メタデータを使用して、組織的かつ自動化された方法でリカバリできるようになりました。通常、S3からRDSの本番環境へのコピーは手作業で行われ、規模が大きくなると非常に困難になります。

Amazon RDSは、N2WSのユーザからサポートの要望が多く、急成長している分野です。Ver4.1では、Amazon RDS内のより多くのデータベースインスタンスタイプへのサポートが追加される予定です。

N2WS Ver4.0で導入されたその他のサポートツールには、Amazon Aurora ServerlessとAWS Systems Manager Agentが含まれます。N2WSは、将来のリリースに向けて、SAP HANA on AWSとコンテナのサポートに取り組んでいます。

マルチクラウドの現実
現在、大半の組織が複数のパブリッククラウドでアプリケーションを稼働させています。しかし、このような企業は、複数のクラウドをサポートしないSaaSアプリケーションによって、マルチクラウドに移行しているます。しかし、ハイパースケーラがリージョンをまたがる壊滅的な故障に見舞われる確率は非常に低いです。

N2WSがAzureに参入することの重要性は、ユーザがクラウドバックアップを1つのベンダーに集約できるようにすることです。N2WSのAzureへの初進出は、マルチクラウドユーザの普及が大きな理由です。 現在はAPIのおかげで、ベンダーの多くがAWSのネイティブバックアップとリカバリができるようになっています。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください