CloudBerry Backup Ver7.1 での GFS リテンション・ポリシー


初めにCloudBerry BackupでのGFSの起動について:

現在、Grandfather-Father-Son(GFS)機能は、レガシー・バックアップ・フォーマットを除く全てのバックアッププランで動作します(レガシー・フォーマットの詳細はヘルプをご覧ください)。バックアップ・プランを作成または編集する際に、リテンション・ポリシーを構成しながらGFSをオンにすることができます。この場合、CloudBerry Backup Serviceは、このステップで設定したプリファレンスに従って、今後行われる特定の数のフル・バックアップに対してマークを入れます。

CloudBerry Backup のGFS設定

CloudBerry BackupのGFSの主なルールについて:

  1. GFS機能はフルバックアップでのみ動作します。
  2. GFSは、障害なく完了したバックアップのみを選ぶ。これは、GFSマークのついたバックアップが復元可能であることを保証するものです。
  3. 通常のリテンション・ポリシーとGFSリテンション・ポリシーを組み合わせることで、バックアップデータを維持し、データの可用性とストレージ費用のバランスを保つことができます。
  4. GFSの週単位、月単位、年単位の期間は、GFSの設定に基づいて自動的に選択されます。GFSリストアポイントとしてマークされた週単位、月単位、年単位のフルバックアップに対して、カスタムパージの遅延を設定することができます。
  5. バックアッププランの実行の最後に、バックアップ手順が正常に完了し、GFSポリシーが有効になっている場合、GFS検索メカニズムは、このバックアッププランの生成に割り当てられるGFS保持期間があるかどうかをチェックします。GFS保持期間の割り当て方法の詳細については、ドキュメントを参照してください。一度割り当てられたGFS保持期間は、決して変更されません。

CloudBerry Backup Serviceの中のGFSの仕様はバックアップには、週単位、月単位、年単位の3つのマークがあります。それぞれのマークのグループには、プリファレンスで設定した保存期間があります。

Weekly Backup:
CloudBerry Backupでは、毎週日曜日にGFSのウィークリー・バックアップのカウントダウンが始まります。つまり、日曜日以降に行われた最初のフルバックアップが成功すると、「weekly 1」というマークが付きます。これ以降のバックアップには、次の日曜日にカウントダウンがリセットされるまで、ウィークリー・マークは付きません。次の日曜日からは、フルバックアップに成功した最初のバックアップに「weekly 2」のマークが付きます。その週にフルバックアップが成功しなかった場合、その週はGFSによってスキップされ、その次の日曜日に新しい検索が開始されます。

Monthly Backup:
月間バックアップの場合、カウントダウンはその月の最初の日付から始まります。「weekly」オプションがオンになっている場合、カウントダウンは月の最初の日曜日に移動するため、今週行われた週間バックアップには週間マークが付きます。GFSのバックアップは、1週間に1回のみ行うことができます。

Yearly Backup:
年単位のバックアップでは、最初に成功したフルバックアップがマークされるべき月を選択します。今月作成された月次バックアップは、1年ごとになります。

GFSバックアップの種類 の要約
要約すると、1月1日(月)から1年間を過ごし、すべてのオプションをオンにした場合、1月7日以降に最初に成功したフルバックアップは「年間」と表示されます。その後、2月の第1日曜日まで「週単位」でバックアップが行われます。そして、次に成功したフルバックアップは「月」と表示されます

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください