MySQLとPostgreSQLも簡単に安心、確実バックアップ[Veeam Agent for Linux]


Veeam Backup & Replication v10のリリースに合わせてVeeam AgentやVeeam ONEといったその他ソリューションも新しいバージョンがリリースされました。今回はその中からVeeam Agent for Linuxの新機能であるMySQLとPostgreSQLのアプリケーション対応処理についてご紹介します。

※MySQLとPostgreSQLの対応は現状、 Veeam Agent for Linuxのみとなっております。Veeam Backup & Replicationによる仮想マシンとしてのバックアップ、レプリケーションで対応処理を実施する場合、カスタムスクリプトを構成いただく必要があります。

このアプリケーション対応処理によりVeeam Agent for LinuxにてMySQLやPostgreSQLを実行するLinuxマシンのバックアップを行う場合、Veeamのジョブで、それらに対する処理を有効にすることで、スクリプト等を用いなくとも一貫性のある状態のバックアップを簡単に取得できます。

PostgreSQL Database Processing Settings
Veeam Agent for Linux単体での設定画面
PostgreSQL Processing Settings
Veeam Backup & Replicationで統合管理時の設定画面

仕組みとしてはシンプルであり、両方ともそれぞれのデータベースが持つ機能を利用しています。より詳細な処理の流れや要件等はこちらをご参照ください。



関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください