VMwere vSphereでのバックアップ分析(1)【VMWare専用 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】


VMwere vSphereでのVeeam Backup & Replicationを使用したバックアップとレプリケーションの分析を「openBench Lab」という第三者期間が行いました。

■テスト構成:
サーバVMを2つのグループに分けました。
(1):VM x 8をバックアップ・テスト用
(2):VM x 4をESXとESXiホスト間のレプリケーション・テスト用
各グループのすべてのVMはWindows Server 2003, SQLServer,そして IISが稼動するアプリケーション・サーバとして構築しました。

■vSphere VMテスト・トポロジー

■バックアップ比較結果

サーバVMではシステム・ディスクにシン・プロビジョニングを使用しました。通常各ディスクはアロケートされた25GBに8GBを消費します。Veeamソフトのみがこの構成を認識しました。結果としてvStorage APIまたは VCBを使用したVeeamバックアップ・イメージはNetBackupイメージの1/3以下で、NetBackupのバックアップ・セッション時間はVeeamバックアップ・セッションの約6倍でした。

(続く)

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください