ワーカ・インスタンス設定での追加テスト [N2WS 新規機能]


知られているように、File Level RestoreとStore to Amazon S3の両方とも、ワーカ・インスタンスの起動が必要です。ユーザはワーカーの設定(VPC、サブネット、セキュリティグループ、地域など)を確認し、N2WSはデフォルトで推奨されるパラメータを提供します。Testボタンを使用して、その後、ユーザーはインスタンスをスピンアップして、これらの構成を確認することができます。

以前は、N2WSサーバへの接続性の一般的なチェックがあり、テストが成功しなかった場合は、さらに調査が必要でした。現在、N2WS は、S3 エンドポイントとの通信能力、SSH との通信能力、EBS API テストなどの追加チェックを実行できるようになっています。この追加のトラブルシューティングにより、ワーカの設定が失敗した際にチケットをログに記録する必要がなく、迅速かつ具体的な回答が得られるようになりました。

ワーカ・インスタンス設定での追加テスト

設定とテストが完了したら、いつものようにワンクリックでリストアやアーカイブができます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください