世代を管理するバックアップチェーン [Veeam Backup & Replication]


Veeamではバックアップの世代管理にバックアップチェーンを組んで行っています。世代管理につきましては以下の記事をご参照ください。

バックアップチェーンとは

バックアップチェーンとは、フルバックアップデータと増分バックアップデータの繋がりのことです。バックアップの際、フルバックアップの場合は、VMの全てのデータを取得して作成されますが、増分バックアップの場合は、前回のバックアップから変更があった部分のみを取得し、増分バックアップデータを作成します。

リストアを行う際は、フルバックアップからのリストアはフルバックアップデータを使ってリストアを行いますが、増分バックアップからのリストアは、一番近い以前取得したフルバックアップデータから、リストアしたい増分バックアップデータまでの区間にあるバックアップデータを元にリストアを行います。フルバックアップデータから、次のフルバックアップデータの直前までにある増分バックアップデータまでの繋がりをバックアップチェインと呼びます。※逆増分バックアップ(差分バックアップ)の場合逆になります。

12

バックアップチェーンに関連したバックアップデータの保持については、こちらで紹介します。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください