Veeam 9.5 Update2でCisco HyperFlexのストレージスナップショット連携も可能に


Veeamでは各種ストレージのスナップショット機能と連携した、VMwareのスナップショット保持時間を最小にしたバックアップを提供しています。次期リリース予定のVeeam Backup & Replication 9.5 Update2 ではこのストレージ連携に新たにCisco HyperFlexが追加されます。いままでのストレージ連携と異なる点はHyperFlexがハイパーコンバージドシステムであるという点です。そのため、従来の連携で実装されていたストレージスナップショット内のVMをVeeamのコンソールから参照し、VM、ゲストOSファイル、アプリケーションアイテムのリストアを実施するVeeam Explorer for Storage Snapshotsの機能は含まれていません。

しかし、バックアップやレプリケーションにおけるストレージスナップショット連携がどのような効果を提供するのかをご紹介します。

ストレージスナップショットからのバックアップ

ストレージスナップショットと連携することで、バックアップウィンドウ中の本番仮想マシンへのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。これにより、Active DirectoryやExchange、SharePoint、SQL Server、OracleといったI/O集約型のワークロードであっても、Veeamの特長であるエージェントレスなアプリケーション対応方式でいつでもバックアップできます。

Veeamで、データ取得を行うProxyはCisco HyperFlexのスナップショットからNFS HyperFlexデータネットワークを介して直接データ取得します。この際にはI/O Visorによる最適なデータパス(推奨)またはHyperFlex Controller Cluster Masterを介してNFSからデータを読み取ります。

加えて、データを最適な方法で読み取るために、VeeamではVMwareの変更ブロック追跡(CBT)も活用しますので、取得されるデータは変更ブロックのみの増分であり、高速なバックアップを行えます。

以下の図は、Veeam ProxyとCisco HXコンポーネントとのアーキテクチャ例です。

データは以下のような流れで処理されます。

  1. Veeamのジョブに登録されているVMの仮想ディスクがストレージ連携をサポートするストレージ上に配置されているか分析します。
  2. Veeamのエージェントレスなアプリケーション対応処理により、ゲストOS上のアプリケーションは静止され、整合性のある状態になります。
  3. HyperFlex APIを活用し、HyperFlex VMスナップショットを作成します。
  4. VMの静止状態から解放します。
  5. VMスナップショットのCBT情報を取得します。
  6. HyperFlex VMスナップショットから、新規と変更された仮想ディスクのデータブロックのみを直接読み取り、それをバックアップリポジトリ(保存先)またはレプリカVM(別のvSphere上に作成された複製VM)に転送します。
  7. VMのデータ取得が完了するとHyperFlex VMスナップショットを削除します。
  8. VM内のデータベースのトランザクションログの切り捨てといった、アプリケーションに合わせた終了処理を実施します。

Veeamだからできる柔軟な可用性

Veeamはバックアップのみの製品ではありません。VM単位で異なるVMware環境にレプリケーションすることも可能です。この場合、複製された仮想ディスクは即座に起動可能なVMwareの形式で別環境のデータストア上に保存されます。また、初回以降はバックアップ同様、増分のみの転送であり、転送されたデータは複製仮想ディスクに対して書き込まれ、古いデータはスナップショットとして保持されます。これにより、即座に最新の世代で復旧することも任意の世代で復旧することも可能です。

加えてVeeamではバックアップを別サイト等に転送するバックアップ・コピー(2次バックアップ)機能やテープへのアーカイブもサポートしています。これにより、3-2-1ルールといったデータ保護や災害対策を確実に行うための仕組みを、組織のポリシーに合わせて柔軟に実装可能です。

必要最低要件

  • Veeam Backup&Replication 9.5 Update 2以降、Enterprise Plusエディション
  • Cisco HyperFlex 2.0以降

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください