VMwareでのSAP HANA仮想マシンのトランザクション一貫性を保ってオンラインバックアップを行うためのスクリプト例 [ Veeam Backup & Replication]


VeeamでvShpre上のSAP HANAのVMをオンラインでバックアップする場合、一般的に以下のような流れで、トランザクションの一貫性を保証します。

  1. 任意のpre-freezeスクリプトをVM上で実行し、HANAの静止状態を取得
  2. VMwareのスナップショットを作成
  3. 任意のpost-thawスクリプトをVM上で実行し、HANAの静止状態を解除
  4. VMwareのスナップショットからVMデータを取得

この際のスクリプトはVM上に配置するケースもありますが、Veeamの場合、Veeamコンソールからバックアップジョブを設定する際に、Veeamのローカルにあるスクリプトを指定して、それがバックアップ時にVM上へ自動配布されるように構成することも可能です。これにより、ゲストOSの静止に関してもVeeamのコンソールで統合管理でき、いちいちVMにアクセスしてスクリプトを配置、修正するなどの手間を省くことができます。


SAP HANAの場合、pre-freezeスクリプトでBACKUP DATA CREATE SNAPSHOTコマンドでスナップショットを作成、静止点を確保し、post-thawスクリプトでBACKUP DATA CLOSE SNAPSHOTコマンドで、そのスナップショットを閉じます。

こちらで、このようなSAP HANA VMのトランザクション一貫性を保持したオンラインバックアップを行う際に使用するpre-freeze/post-thawのサンプルスクリプトをご紹介しています。

 


関連トピックス

VMwareでのSAP HANA仮想マシンのトランザクション一貫性を保ってオンラインバックアップを行うためのスクリプト例 [ Veeam Backup & Replication] への1件のフィードバック

  1. climb のコメント:

    SAP HANA と他RDB間のリアルタイムなレプリケーションはDBMoto で可能です。
    https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/2105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください