VeeamON 2019 in マイアミ 最新情報レポート ②


5/2022にマイアミで行われている仮想環境のデータ保護ソリューション「Veeam」のイベントであるVeeamON 2019報告レポートその②です。

その①は、こちらをご覧ください。

最終日となったVeeamON 2019ですが、Clossing General SessionBreakout Sessionをはじめ、大いに賑わっています。

Clossing Sessionでは、今後のVeeam Productのロードマップ、VeeamON 2020がラスベガス アリアで開催されると発表されました。

次に、Top Secret となっていたBreakout Sessionの模様をご紹介します。


Top Secret : Veeam Backup & Replication for Microsoft Azure


昨日のTechnical General Sessionでもアナウンスされていた、Veeam Backup & Replication for Microsoft Azureについての紹介です。
アーキテクチャとしては、AzureのマーケットプレイスよりLinuxアプライアンスをデプロイ、
そのアプライアンスがWeb GUIを提供し登録したAzureアカウントに紐づいているAzure VMのバックアップがエージェントレスに実行できるというものです。

バックアップ自体はAzureが提供しているネイティブスナップショット機能を使用します。

その他、取得したクラウドネイティブなAzureスナップショットをAzure Blob Storageへコピー、またリージョンやアカウントを超えたAzure Blob Storageに対してのコピーも可能となるため、Azure環境内でDR構成をとることも可能です。

実際のデモ画面では、プログラミングなく、すべて簡単なWeb GUI操作のみでAzure VMのバックアップができることを紹介していました。
この画像からもわかるように、必要なこととしてはAzureのアカウントを登録し、保存先指定の後バックアップポリシーを作成するのみという、非常にシンプルなものとなります。

そしてバックアップデータからのリストアでは、約50GBAzure VMフルリストアが、およそ1分で成功したことを紹介していました。

引き続き、最新情報を更新していきます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください