Azure VDIを管理・デプロイする手順[Accops]


セキュアに特化したVDIソリューションAccopsはAzure環境のVDIをサポートしています。
しかし、Azure VDIをAccopsで管理・クローンによるデプロイするためには、事前にAzure Connectorを構成する必要があります。

本ブログでは、 Azure Connector の構成とAzure環境登録の手順をご紹介します。

Step 1:Azureポータルにログインし、テナントのドメイン名をメモしてください。

Step2:Azure Active Directory>管理>アプリの登録から、「新規登録」をクリックします。

Step 3:アプリケーションの表示名、リダイレクトURLを入力して登録をクリックします。

Step4:作成したアプリのテナント名をメモしてください。

Step 5:作成したアプリのクライアントシークレットを作成します。
新しいクライアントシークレットから説明を入力し、追加をクリックします。

クライアントシークレット作成後に表示されるをメモしてください。

Step 6:こちらをクリックし、サブスクリプションIDをメモしてください。

Step 7:Step 3で作成したアプリ(Accops-Azure-Connector)にアクセス制御(IAM)を割り当てます。
アクセス制御(IAM)>追加>ロールの割り当ての追加をクリックします。
選択で「Accops-Azure-Connector」 を指定し、役割「共同作成者」を割り当てます。

Step 8:HyworksサーバにAccops Azure Connectorをインストールします。
※インストール中にエラーが発生した場合は、Step 1から再度開始してください。

Step 9:インストールの際、Azureにチェックを付けて、メモした情報を入力します。
User Name   :Step 1を参照
Password   :Step 5を参照
Subscription ID:Step 6を参照
Tenant ID   :Step 4を参照

Step 10:HyWorksコンソールへログインし、下記設定でAzureの登録を行います。
必要情報入力後、接続テストをクリックして接続可能なことを確認します。

登録が完了し、下記のようにAzure環境が追加されました。

Azure環境を登録することで、Azure VMの管理やクローンによるVDI展開が可能となります。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください