AWS PrivateLinkを介したS3へのVeeam バックアップデータの転送


物理マシンやVMware vSphere、Hyper-V、Nutanix AHVとったハイパーバイザー上の仮想マシンのデータ保護が可能なVeeam Backup & Replication

任意のストレージにバックアップデータを取得することはもちろん、災害対策やランサムウェア対策を考慮し、取得したバックアップデータをAmazon S3等のオブジェクトストレージへコピー/アーカイブすることも可能となっております。

Amazon S3へのコピー/アーカイブを実施するには、Veeam B&RサーバがAmazon S3エンドポイントに接続できる必要があります。そのため、基本的にはVeeamサーバがインターネット接続可能であれば簡単に実施することが可能です。

ただ、AWS Direct ConnectAWS VPNを構成されているような環境では、VeeamによるS3への通信もインターネット経由ではなく、これらを活用したプライベートな接続で実施されたいかと存じます。

このようなS3へのプライベートアクセスを実現するためには、VeeamからのAmazon S3エンドポイントの接続先を、AWS PrivateLink for Amazon S3を使用するように変更することで対応可能です。

今回の記事ではVeeam S3コピー/アーカイブ実施時の、AWS PrivateLinkとの連携手順についてご紹介させていただきます。

続きはこちら

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください