Hyper-V仮想マシンのバックアップ、レプリケーション処理サーバについて(On-host とOff-hostモード)


Hyper-V仮想マシンに対してVeeam Backup and Replicationによるバックアップ、レプリケーションを行う際にはHyper-Vの役割を有効にしたマシンで処理を行います。そのため特に設定せずにバックアップを行った場合、仮想マシンが稼動しているHyper-Vホスト自体で処理を行います。そのため任意で処理サーバを設定する場合はジョブ作成時のProxy設定からOn-host、Off-hostを設定します。

On-host backup :仮想マシンが稼動しているHyper-Vホストで直接処理を行いバックアップ、レプリケーションを行います。
Off-host backup:仮想マシンが稼動しているHyper-Vホストとは別のサーバで処理を行います。
*Off-hostが使用できない場合に、On-host使用するか、接続先が複数ある場合はどのサーバを使用するかがオプションで選択できます。

On-hostのメリット
・新たにサーバを用意する必要がない(ホスト自体にVeeam B&Rをインストールした場合、必要となるPCは1台のみです。)

・ダイレクトに仮想マシンへアクセス可能であるため、データ転送による速度低下がなく高速な処理が可能です。

On-hostのデメリット
・バックアップ時にHyper-Vホストで処理を行うため負荷要因となってしまいます。

Off-hostのメリット
・Hyper-Vホストへの負荷を最小にして処理を行うことが可能です。

Off-hostのデメリット
・新たにHyper-V役割を追加する必要があります。
・データ転送によって速度が低下する可能性があります。

どちらの場合にもメリット、デメリットありますので、目的に応じて使い分ける必要があります。
なるべく稼働中のHyper-Vホストに負荷をかけたくない場合は別にHyper-Vの役割を追加したサーバを用意し、Off-hostでバックアップ、レプリケーションを行う必要があります。

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください