Hyper-V仮想マシンにゲストファイルを直接リストア【Veeam Backup & Replication】


前回の記事ではVeeam Backup & Replication 6.1 Standard EditionでのHyper-V仮想マシンのゲストファイルのリストアについてご紹介させていただきましたが

Hyper-V仮想マシンのゲストファイルを簡単にリストア【Veeam Backup & Replication】

今回はVeeam Backup & Replication 6.1 Enterprise Editionでのみ使用できる1Click File Restoreについてご紹介させていただきます。1Click File RestoreではスタンダードエディションのようにVeeamコンソールから操作するのではなくWebブラウザから操作するEnterprise Managerを使用します。

下のように間違えてファイルを削除したファイルを仮想マシンに対してリストアする方法を紹介します。

まず Enterprise Managerにアクセスし、FileタブからVMを選択します。

どの時点でのバックアップからリストアするか世代を選択します。

リストアしたいファイルを右クリックし、Restoreを選択するとファイルのリストアが開始されます。

数十秒後の仮想マシン見ると先ほど削除したはずのファイルがリストアされています。この際にプロパティ見るとリストアにより新たに作成されたファイルであるため更新日時より作成日時のほうが新しいファイルになっていることが分かります。

このように、1 Click Restoreを用いることで、リストアしたファイルを元の仮想マシンに移動する手間をなくすことが可能です。

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください