Version 6.5で強化されたスケジュール機能【Veeam Backup & Replication】


大々的な機能追加ではありませんがVer6.5ではバックアップ、レプリケーションジョブのスケジュール機能が強化されました。

  • 数時間おきに実行する定期ジョブの開始時間を分単位で指定可能
  • 指定したジョブの後に実行する設定がスケジュールに追加

数時間おきに実行する定期ジョブの開始時間を分単位で指定可能

Ver 6.1以前のVeeam BaRでは”Periodically every”でスケジュールを設定した際にはジョブを作成した時間から数時間毎や数分毎にジョブが実行されており、この設定ではジョブ起動時のリソース収集により開始時間が少しずつずれていました。
しかしVer 6.5ではScheduleボタンをクリックすると表示される”Time Periods”ウィンドウの”Start time for hourly jobs”設定により開始時間を分単位で指定することが可能になりました。これによりジョブ開始時間を正確に設定することが出来ます。

指定したジョブの後に実行する設定がスケジュールに追加

Ver 6.1以前のVeeam BaRではあるジョブの後に実行されるようなジョブを作成するためにはAdvanced設定からbarファイル等を指定し、PowerShellからジョブを実行する必要がありました。
しかしVer 6.5ではスケジュールの”After this job”設定からジョブを指定し、そのジョブの後に実行するよう簡単に設定できるようになりました。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください