Veeam Backup for Microsoft Office 365 Ver4 新機能の詳細編


オブジェクト・ストレージのサポート

オブジェクト・ストレージのサポートではさらに、保管中の暗号化を使用して、オブジェクトストレージリポジトリにオフロードされるデータを保護することもできます。 NetApp Storage GRIDを使用しているリポジトリの例を次に表示します。 オブジェクトストレージリポジトリにアップロードされるデータの有効な暗号化をここで確認できます。

高速なSharePoint OnlineとOneDrive for Businessのバックアップ

Veeamはバックアップアカウントマネージャーを導入して、SharePoint OnlineとOneDrive for Businessをより高速にバックアップします。 SharePoint OnlineとOneDrive for Businessの調整は、「ユーザーレベル」で行われます。 大量のバックアップサービスアカウントを含む、メールが有効になっていないセキュリティグループを使用することにより、バックアップを高速化できます。

これは「 added organization」を右クリックし 、「Manage backup accounts」を選択します。

[Manage backup accounts]タブを右クリックすると、バックアップサービスアカウントを含むメールが有効になっていないセキュリティグループを選択できます。

Exchangeの予定表と連絡先をリテンション(保持)ポリシーから除外

これは、適用される保持ポリシーから連絡先とカレンダーを除外できる機能です。 ここでの使用例は、保持ポリシーの設定に関係なく、常にカレンダーと連絡先をバックアップすることです。 アイテムレベルの保持ポリシータイプを使用しており、1年間データを保持しているとします。 5年前に連絡先を作成していた場合、連絡先はバックアップジョブ内で処理されません。 その理由は、保持ポリシーが1年に設定され、連絡先が5年前に作成/変更されているためです。 したがって、カレンダーと連絡先を除外すると、メールボックスがバックアップジョブにあり、かつ保護されている限り、それらは永久にバックアップされます!

新Cloud Credential Manager

Veeam Backup for Microsoft Office 365 v4新しいCloud Credential Managerがあります。 このCloud Credential Managerから、接続されているすべてのオブジェクトストレージアカウントを管理できます。

VBOインストールのメインメニューから[Manage cloud credentials]タブを開きます。

Cloud Credential Managerを開くと、クラウドオブジェクトストレージの資格情報を編集、追加、削除、保守できます。

新Password Manager(パスワードマネージャー)

Cloud Credential Managerに加えて、新しいパスワードマネージャーがあります。 新しいパスワードマネージャーを使用すると、データの暗号化に使用されているパスワードを管理できます。

パスワードマネージャーに追加されたパスワードは、実際の暗号化キーを保護するために使用されます。 バックアップデータを暗号化するために、VeeamはAES-256仕様を使用します。 注意:パスワードを紛失しないでください。 Veeamサポートは、失われたパスワードを回復したり、暗号化されたバックアップファイルからデータを取得したりすることはできません。

Veeam Backup for Office 365のインアクティブのPop-up

インアクティブの結果として、Veeam Backup for Office 365はセッションをVBOサーバーから自動的に切断します。 これは、30分間の「アクティビティなし」の後に発生し、VBOサーバーの負荷を減らすことを目的としています。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください