StarWindでIT資産所有総コスト(TCO)の削減とスケーラビリティを確保[StarWind VSAN事例:ProPortion Foods様]


『StarWind VSANは強力で信頼性の高い製品です。スケーラビリティが簡単なことも、業務用のストレージ エリア ネットワークでは極めて重要な利点です』― ITディレクター、ネイザン・ヘス氏

課題

StarWind Virtual SAN(VSAN)を導入する前、ProPortion FoodsはVMware ESXi下においてHPのESXi物理ホストがHPE MSA SANに接続された仮想インフラストラクチャを使用し、80%の仮想化を達成していました。しかし、HPE MSA SANを保証付きで維持するには費用がかかり過ぎ、アップグレードも困難で、同社の予算を有効利用しているとは言い難い状況でした。高い可用性を低価格で実現するという目標からは遠ざかっていました。

解決策

ProPortion Foodsは、既存のハードウェアに容易に実装できるStarWind Virtual SAN(VSAN)を採用しました。HPEサーバーでStarWind VSANを稼働させることにより、保証コストが削減されました。SAN(ストレージ エリア ネットワーク)のアップグレードも必要なときにより簡単に行えるようになりました。vSphere環境において、StarWind VSANはLinuxベースのVMから直接起動します。ストレージとネットワークの緻密な管理や、UNIX管理スキルは特に必要とされません。さらに、StarWind VSAN導入の重要な成果は、設備投資と運用コストの両面から大幅な経費削減(少なくとも50%減)を達成したことです。安価なハードウェアで問題なく動くことも重要です。ハードウェアの購入・維持費の節約にもつながりました。

顧客について

ProPortion Foodsは2009年の創業以来、小売業、食品サービス業者に対して各種サービスを提供しています。米カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を構え、ロサンゼルスとテキサス州ラウンドロックの二か所に生産拠点を置いています。サーバーベースのデータ仮想化は、同社業務の効率性、柔軟性、即応性を高める上で不可欠でした。

業種

小売り・食品サービス

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください