Zerto、新たなアップデートでランサムウェアへの耐性を強化


Zertoは、2011年に継続的データ保護(CDP)を世に送り出して以来、ランサムウェアに焦点を当て、ディザスタリカバリ機能をリードしています。Zertoのリカバリソリューションは、世界中の多くの企業のリカバリポイント目標(RPO)とリカバリタイム目標(RTO)を大幅に引き下げました。この経験から、Zertoはランサムウェアを単なるセキュリティ侵害ではなく、災害レベルの出来事としてとらえることができました。ダウンタイムとデータ損失は、ランサムウェアの被害者が最終的に身代金を支払うことにつながり、攻撃者に何度も攻撃する動機を与えるものです。身代金の支払いを回避するために必要なランサムウェアの復旧を実現できるのは、複数のプラットフォームでエッジからクラウドまで対応する最新のディザスタリカバリソリューションだけです。

ランサムウェアリカバリ、ディザスタリカバリ、マルチクラウドモビリティにこだわり続けるZertoは、Zerto 9.5、Zerto In-Cloud for AWS、Zerto Backup for SaaSで新しい製品機能を発表しました。これらの新機能により、マルチクラウドおよびマルチプラットフォームアーキテクチャの採用が容易になり、リカバリオプションが増加し、ランサムウェア対策としてより高いセキュリティを実現します。この最新リリースにより、Zertoはあらゆるアプリ、あらゆるクラウド、そしてあらゆる脅威に対する保護を強化します。

ここでは、注目すべき新機能と製品のアップデートを紹介します。

ランサムウェア・リカバリーのための新しいイミュータビリティ・オプション

●Microsoft Azure Blob Storageは、Zertoユーザがランサムウェアリカバリのためのイミュータブルデータコピーを作成および管理するための保存先としてサポートされるようになりました。
●Zertoは、サードパーティのS3互換ストレージのサポートとイミュータビリティの管理を拡張し、Zertoで管理するリカバリデータを様々なストレージシステム上でランサムウェアリカバリ用にイミュータブルな状態で保存できるようになりました。
●Zerto Backup for SaaSを使用して、Azure Active Directoryをオフサイトでイミュータブルにバックアップできるようになりました。

新しい仮想Zertoアプライアンスとセキュリティの強化

●ランサムウェア攻撃が増加する中、強固なセキュリティはこれまで以上に重要です。Zertoでは、LinuxベースのZerto管理アプライアンスを提供します。このアプライアンスは、セキュリティ強化のためにあらかじめ硬化されており、迅速に導入でき、多要素認証(MFA)を可能にし、アップグレードやトラブルシューティングなどの管理を容易にします。
●Zertoの新しいロールベースアクセスコントロール(RBAC)および顧客Webポータル、MyZerto、Zerto AnalyticsのMFAにより、Zertoソリューションへのアクセスをより詳細に制御することができます。
●レプリケーションアプライアンスの更新、コンポーネント間のSSH通信のより詳細な制御、オプションのログイン前およびログイン後のバナーなどのセキュリティ強化により、セキュリティ意識が向上します。

Linux向けインスタントファイルリストア

●Zertoは、Linuxサーバのインスタントファイルリストアをサポートし、Windowsのフルサポートと同様にLinuxのインスタントVMの既存サポートを補完することで、運用回復を拡大します。

Zerto In-Cloud for AWSアップデート

●Zerto In-Cloudの新しいCloudWatch統合により、特定のイベントに基づくリカバリの自動化をサポートする監視機能が向上し、サードパーティ管理ツールとの統合オプションが増え、他のクラウドアプリケーションやツールと共にZertoを監視することが可能になりました。
●Zerto In-CloudはZerto Analyticsに完全に統合されているため、マルチサイト、マルチクラウド展開において他のZertoソリューションと並行して展開状況を完全に確認することができます。

Google Cloud Storageによる追加データコピーのサポート

●Google Cloud Storageがレプリカコピーの長期保存先として追加され、追加のプラットフォームでデータの耐障害性を提供します。

マネージドDRaaSの機能強化

●プロバイダーは、テナントに1つまたは複数のサービスプロファイルを割り当て、割り当てられていないプロファイルをマスクできるようになりました。
●ユーザーは、サービスプロファイルの中で長期保存の設定を行うことができます。この機能により、サービスプロバイダーは、お客様の重要なSLA/SLO設定を継続的に管理することができます。

その他の製品の強化点

●Zerto Virtual Managerは、Windows Server 2022でサポートされるようになりました。
●仮想マシンごとにレプリケートされるデータをより詳細に制御するため、Zertoの継続的なデータ保護機能で個々のディスクボリュームをレプリケーションから除外することができるようになりました。
●ディザスタリカバリのテストを、リカバリデータとは別のストレージ領域で実施できるようになり、リカバリのテストと検証により多くの時間を割けるようになりました。
●Zertoのアラート、エラー、メッセージの強化により、より詳細な情報とコンテキストで管理を簡素化できます。
●Microsoft AzureへのZertoディザスタリカバリは、API統合の効率性を高めるために最適化され、保護に必要なZerto Cloud Applianceの数を減らすことができます。

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください