N2WS AnySnap Archiver : 新規データ・ライフサイクル管理機能


このN2WSの最新機能では、特に新ユーザ向けに、いつ、どのように行われたかに関わらず、以前に作成された既存のEBSスナップショット(つまり、N2WSで行われていないAWSのEBSスナップショット)をインポートし、それらのEBSスナップショットをAmazon S3に保存したり、Amazon Glacierにアーカイブしたりすることができるようになり、直ぐのコスト削減が可能になりました。

スナップショットを N2WS にインポートするには、ユーザはPoliciesタブで新しいNew Importer Policy機能を選択できます。

[Policy Details]を入力した後、インポートパラメータで時間枠を選択して、インポートするスナップショットを定義します。バックアップのインポートをずらして(例:6日ごとに)、特定のタグを参照して、インポートするスナップショットをさらにフィルタリングすることもできます。

最後に、スナップショットをインポートするストレージクラスを選択します(Amazon S3 Standard、Amazon S3 Intelligent Tiering、Amazon S3 Infrequent Access、または最適なコスト削減のためのAmazon Glacierのいずれかを選択できます)。

N2WSはこの新たなコスト削減機能を提供しており、ユーザは現存のAWS EBSスナップショットを大量に削除することができるため、AWSの月末請求サイクルで発生するコスト増加を解消することができます。

N2WS ANYSNAP ARCHIVERはN2WSユーザにとってどのような意味があるのでしょうか?

大きな節約: ネットワーク管理者は、一般的にスクリプトから生成されたスナップショットを作成していますが、それらを積極的に管理しているわけではなく、多額の費用を支払っています。N2WSは、過去にさかのぼってバックアップを作成することができるので、以前に作成したバックアップをすぐにインポートし、より安価なストレージに保存し、大量に削除することができ、大きなコスト削減につながります。

How to immediately save on AWS storage costs with N2WS AnySnap Archiver

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください