Azure Kubernetes Serviceのバックアップとリカバリは Kasten K10で


世界中でKubernetesデプロイメントによる企業システムのクラウド ネイティブ化が進んでいます。これにより、開発業務の大幅な効率化が促進される反面、Kubernetesアプリケーションのバックアップやモビリティなど、実用化されたシステム環境のメンテナンス(いわゆるDay 2オペレーション)が複雑化し、頭を抱えている企業も少なくありません。Kasten K10のバージョン2.0には、まさにこの問題を解決するための諸機能が完備されています。K10は、企業がクラウド ネイティブ環境において災害復旧や事業継続の要件を容易に実現し、セキュリティを確保するための強力な助っ人となります。

KastenはMicrosoft Azureにバックアップとリカバリのソリューションを提供しています。アプリケーションの原子性(不可分性)を保ちながら、データ管理を単純化して一貫性を維持します。またK10は、Microsoft Azure Kubernetes Service(AKS)内部で機能するだけにとどまらず、Kubernetesベースのアプリケーションをオンプレミス環境からAKSへマイグレーションするのにも大きな力を発揮します。

Kastenプロダクト チームの責任者ガウラブ・リシ氏はこのように述べています。

「Kubernetesアプリケーションの規模や数が膨らみ続ける中、データの紛失を防ぎ、データ主権の問題などに自動的に対応してくれる信頼性の高いソリューションへの需要が高まっています。KastenはKubernetes環境のバックアップとモビリティの課題に応えるK10ソリューションで、Microsoft Azureユーザーを強力にサポートします。」

MicrosoftのAzure Disks部門プロダクト責任者オウング・ウー氏も、Kastenのサポートを歓迎し、以下のコメントを寄せています。

「Microsoft Azure Kubernetes Serviceのお客様はKastenのK10 ソリューションを活用し、Microsoft Azure Managed DisksとBlock Blob Storage上のクラウド ネイティブなアプリケーションに対してシームレスな災害復旧とバックアップを実現できるようになりました。」

Kasten K10Microsoft Azureにもたらすもの

ソフトウェアのみで実現する簡単設定プラットフォーム:K10データ管理プラットフォームはソフトウェアだけで実装されます。Azure上でもオンプレミスのKubernetes環境でも、数分で自動的にデプロイメントが完了します。使いこなすのに大袈裟なトレーニングやコンサルティングが必要になることもありません。

Azureのストレージと完全適合:Azureのストレージは高速性、安全性、耐久性、拡張性に優れ、あらゆる種類のワークロードに永続性をもたらします。Kasten K10のこのようなAzureストレージと完全統合し、その特性を生かしながら、企業が即利用可能なデータ保護ソリューションを提供します。

オーバーヘッドなしにアプリケーションを保護:K10はKubernetesで稼働するアプリケーションを自動検知し、変化に対応しながら、K10データ管理ポリシーをAKSクラスタで稼働中のアプリケーションの状態にダイナミックに適用します。運用のために、開発スタッフやCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)パイプラインを変更する必要は一切ありません。

今日からはじめよう!

Kasten K10は一行のコマンドラインを実行するだけで、Azure Kubernetes クラスタに簡単にインストールできます。

Azure Kubernetes ServiceでKasten K10を用いてバックアップとモビリティを実現することの効果について、さらに詳しくはSolution Briefを参照してください。

Kasten K10データ管理プラットフォームの詳細はこちらを参照してください。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください