N2WS Backup & Recoveryが提供する3つのリストア手法


N2WS Backup & Recoveryは登録したAWSアカウントに紐づいている
EC2インスタンスやRDSなどのAWSリソースのバックアップ/リストアを
コーディングすることなく、簡単に行えるソフトウェアとなります。

今回は、取得したEC2インスタンスのバックアップから、簡単にリストアが行えることをご紹介します。

まず、リストアしたいEC2インスタンスの世代を指定します。
N2WS WebコンソールのBackup Monitorタブでは、現在取得されているN2WSポリシーが確認でき、それぞれバックアップが実行された時間や成功/失敗ステータスが確認できます。

リストアしたい世代のActionタブより、Recoverをクリックします。

クリックすると、ポリシーで取得されているAWSリソースが確認できます。

Recoverタブには、下記3つのリストア方式が提供されております。

項目

動作

Instance

EC2インスタンスとしてリストア

Volumes Only

EBSボリュームのみリストア

Explore

特定のファイルのみリストア


それぞれご紹介します。

  • EC2インスタンスとしてのリストア
    Instanceをクリックした場合、取得したバックアップからEC2インスタンスとしてリストアが可能です。
    Advanced Optionsより、より詳細なパラメータを調整することも可能です。
  • EBSボリュームのみリストア
    Volumes Only
    をクリックした場合、特定のEBSボリュームのみリストアが可能です。

  • 特定のファイルのみリストア
    Explore
    をクリックした場合、特定のファイルのみリストアすることが可能です。
    ※別タブにて、バックアップ内のファイルが確認できます。

このように、N2WS Backup & Recoveryを使用することで、用途にあったリストアを、Webコンソールから簡単に実行することが可能です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください