N2WSでバックアップだけでなく、リソースコントロールも!


N2WS Backup & Recoveryでは、AWSリソースのバックアップ/リストアだけでなく、
EC2インスタンスやRDSなどのリソースについて、パワーオン/オフ操作を自動化する
Resource Control機能が実装されています。

N2WSを使用することで、コーディングすることなく、バックアップ/リストア以外にも、
AWSリソースを管理できるようになり、ランニングコストを最大60%削減できます。

  • Resource Controlの設定方法

    N2WS Webコンソールへログインし、 Resource Controlをクリックします。

    次に、Resource Controlジョブを作成していきます。
    New Groupをクリックし、ポリシー画面を表示します。


    ポリシー名入力し、Applyをクリックします。
    その他にも、タイムアウト時間や管理対象が削除された場合、自動的にポリシーからも削除するか指定します。

    次に、どのようなスケジュールでリソースのパワーオン/オフを実行するか指定します。
    Off/On_Timesをクリックします。

    最後に、どのリソースを割り当てるか指定します。
    Resource_Targetsをクリックし、EC2インスタンスまたはRDSを指定します。

    Add InstancesまたはAdd RDS Databasesをクリックし、リソースを追加します。

     

以上の設定にて、AWSリソースのパワーオン/オフ操作をコーディングすることなく、N2WSから効率的に管理することが可能です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください