Veeam Agent for Microsoft Windows: Windows物理マシンの新規バックアップ・ツール


Veeam Endpoint Backupは Ver2からVeeam Agent for Microsoft Windowsとなりました。 Free, Workstation, Serverの3つのエディションが準備されています。それらを簡単に機能差を紹介します。

各エディションでの主な機能

Freeエディションについて

・パスワード損失を保護するための暗号化
va4win_free
・Hyper-V  VMへのインスタント・リカバリー
・MS Azureへのダイレクト・リストア
・ソース・サイドでの暗号化
・柔軟なバックアップ・モード

Workstationエディションについてva4win_ws
さらに:
・リモート・コンフィグレーションと管理用API
・モバイル・ユーザ用のエンドポイント保護
・Veeam CloudConnectリポジトリーへの直接のバックアップ

・ReFS v3.1 リポジトリーへのダイレクト・バックアップ

Serverエディション についてva4win_svr1va4win_svr2
さらに:
・アプリケーションを意識した処理
・トランザクション・ログのバックアップ
・ゲスト・ファイル・システムのインデックスとカタログ・サーチ

●エディション比較表

関連トピックス

3 Responses to Veeam Agent for Microsoft Windows: Windows物理マシンの新規バックアップ・ツール

  1. climb のコメント:

    Veeam Agent for Linuxユーザガイド簡易版 Ver1.0を準備しました。

    下記のサイトからお申込みください。

    https://www.climb.co.jp/soft/veeam/document/backuppolicy.html

  2. climb のコメント:

    2/23(木)公開のWebセミナ「VeeamでWindows物理マシンもばっちりサポート!!」の録画=> https://youtu.be/2OLx9nJr93I

  3. climb のコメント:

    物理Linuxマシン用バックアップ・ツール「Veeam Agent for Linux」についてはこちらから:

    https://www.climb.co.jp/blog_veeam/veeam-14529

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください