Veeam + Cloud Berry連携で仮想環境データを任意のクラウドストレージに簡単バックアップ!


こちらの記事でご紹介しているように、Veeam Backup & ReplicationCloudBerry Backupを併用することで、VMwareHyper-Vの仮想環境のデータをAWSAzureなど任意のクラウドストレージに簡単にバックアップすることが可能です。

上記図のようにVeeamで作成した仮想環境のバックアップファイルを、CloudBerry で任意のクラウドストレージにバックアップするのですが、コマンドラインからバックアップを実行することで、Veeamのバックアップ終了後にCloudBerryを実行させるようなスケジュール連携を実現できます。

この連携設定方法についてはこちらをご参考ください。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です