Job実行時のポート設定について【VMWare専用 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】


Veeam BackupのJob実行時にファイアウォールの設定が有効に場合に下図のようなエラーが発生する場合があります。

■サンプル画像

VeeamBackupは実行するJob毎にPort(2500~5000の間)を使用します。
ファイアウォールの設定で実行するJob数に応じてPortを開放することにより、
ファイアウォールの設定が有効状態でもVeeam BackupのJobの実行が可能です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください