Microsoft Exchangeサーバーからのアイテム(メールボックス、メール等)リストア[Veeam Backup & Replication]


Veeam Backup & Replicationに同梱されているVeeam Explorer for Microsoft Exchangeというツールを使用することで、Microsoft ExchangeのバックアップからExchangeアイテムの高度なリストアが可能です。メールボックスやフォルダ、メッセージ、タスク、連絡先などを必要に応じてリストアできます。

Standard Editionから利用可能ですが、一部機能(元のメールボックスへのリストア)はEnterprise Edition以上が必要です。

●サポートするバージョン

  • Microsoft Exchange 2019 (2016互換の機能をサポート)
  • Microsoft Exchange 2016
  • Microsoft Exchange 2013 SP1
  • Microsoft Exchange 2013
  • Microsoft Exchange 2010 SP1, SP2, or SP3

●メールボックス、フォルダ、メール等アイテムのリストア ※Enterprise Edition以上が必要

リストア先のメールボックスやアカウントを指定し、バックアップ元のオリジナルのExchangeに直接メールボックス、フォルダ、メール等のアイテムをリストア可能です。

1. リストアしたいアイテムを選択

2. リストア先のメールボックス、アカウント、フォルダを指定

3. リストアオプションを指定(変更されたアイテム、削除されたアイテム、未読としてアイテムをマーク)

●.pstファイルのエクスポート

Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを実行しているローカルディスクに.pstファイルをエクスポートできます。Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを実行しているコンピューターに64bitバージョンのMicrosoft Outlook 2019, 2016, 2013, 2010がインストールされている場合のみ使用できます。

●メール(.msg)の保存、送信

Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを実行しているローカルディスクに任意のメール(.msg)を保存できます。

事前にSMTP設定を行うことで、任意のメールを指定したメールアドレス宛に送信することができます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください