Veeam静止点処理において必要な認証情報をVM個別に指定する方法


Veeam Backup & ReplicationではVSSやスクリプトを使用し、トランザクションレベルでの整合性を保ったデータ保護が可能となっております。そのために、ゲストOSの認証情報が必要になります。
その際、認証情報の指定は、下記のようにジョブの「Guest OS credentials」設定にて行います。


しかし、この方法では、バックアップの保護対象にコンテナ(リソースプールやフォルダ等)など複数のVMを指定していた場合、これらのVM内で認証情報が異なると、一部VMの処理が失敗してしまいます。

このような場合は、VM個別に認証情報の設定を行うことで対応することが可能です。
方法は下記となります。
※リソースプールをバックアップ対象としている場合となります。

続きは「Veeam情報局」に記載しております。


上記の内容は、
独自ナレッジベースサイト「Veeam 情報局」の一部記事から作成されたものです。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください