VM(仮想マシン)のバックアップ・ジョブ・デザインの考察「Veeam Backup & Replication」


バックアップ・ジョブのデザインとVM(仮想マシン)バックアップが複雑にならないようにするには多くの手法があります。その1つはvSphereデータストア・レベルでのバックアップです。このバックアップはまたフォルダ、ホスト、リソース・プール、vApp、クラスタ、データセンタなどのvSphereコンストラクツとも実行可能です。VMは指定したVMにジョブを追加するよりも、バックアップ用にデータストアにインベントリされます。このオプションは下記の図のようにVeeam Backup & Replicationウィザード内で表示されます。

これは順々にデータストアにインベントリされた各VMをバックアップします。各データストア用にジョブがある時は、データストアにインベントリーされた各VMはジョブが稼動した時にバックアップされます。データストアをコンテイナーとして使用することはVMをバックアップする優れた方法で、データ保護ストラテジーに関しては不備はありません。

データストア(フォルダ)でのバックアップを行うことの本当の恩恵はデータストアがインベントリーされているように新規仮想マシンは自動的にジョブに含まれます。この手法で、VMが適切な予告なく本番へ静かに移行したときに、自動でバックアップされます。この方法でジョブをデザインするにはいくつかのヒントがあります。

●Veeam重複排除機能を増強させるようにデータストア(またはフォルダ内)上のオペレーティング・システムのように保持する

●セルフ-ドキュメント(Self-document)・データストア(フォルダ)はコンテナがバックアップされているかどうかの状態を命名に含む

●テンプレートとCD-ROM .ISOファイル用にデータストア(またはフォルダ)を指定し、同様にバックアップ。しかしそれほどアグレッシブでないスケジュール。

●同じSANまたはNAS装置からのソースされた複数データストアでジョブを構成

Veeam Backup & Replicationでのバックアップ・ジョブのアレンジには多くの方法があります。これらのvSphereコンストラクトのコンテイナ・アスペクトを利用することで、VMがバックアップ(またはレプリケーション)されない問題を解決することができますが、保護されることが必要です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください