【Veeam Backup for AWS 3.0新機能】ファイルレベルリストアの対応強化


前回のブログに引き続き、Veeam Backup for AWS 3.0の新機能として、ファイルレベルリストアの対応強化をいくつかご紹介します。

Veeam Backup for AWSでは、Amazon EC2について3つのリストア手法を用意しており、障害時のケースに併せて最適なリストア操作が選択可能です。
中でも日ごろ運用にて使用されるケースが多いのは、特定のファイルをリストアする操作となり、もちろんVeeam Backup for AWSもファイルレベルリストア操作はサポートされています。

ただ、これまでのVeeam Backup for AWSのファイルレベルリストアでは、オリジナルのEC2インスタンスに対して直接ファイルを転送することができず、あくまでもVeeam Backup for AWSのWEBコンソールにアクセスしているマシンのローカルに対してファイルをダウンロードする操作のみがサポートされていました。

つまり、オリジナルのEC2インスタンスにファイルをリストアするためには、一度別マシン上にリストアしたあと、オリジナルの領域に対してファイルコピーを行う、またはオリジナルのEC2インスタンスOSにログインし、Veeam Backup for AWSのコンソールからファイルレベルリストアを実施する必要があるなど、1ステップ手間がかかっていました。

これが最新版のVeeam Backup for AWS 3.0では、オリジナルのEC2インスタンスに対して直接ファイルをリストア(上書き/別名可)することができるようになりました。

ファイルレベルリストア時のオプションやGUI画面の詳細については、こちらのブログをご確認ください。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください