ホワイトペーパー「最適なバックアップインフラを構築するためのVeeam ONE活用方法」が公開されました。


エグゼクティブ・サマリー

バックアップインフラの要件を考えるとき、ネット上の議論などで、「ある程度、根拠のある予測」を沢山目にすることになるでしょう。オンラインフォーラムやコミュニティだけでなく、ツイッターやグーグルのサイトでも、次のような質問をよく見かけます。「バックアップインフラの要件は、このような構成で満たせますか?」の類の質問で、それに対して様々な回答が寄せられます。しかし、バックアップインフラの構築を計画するとき、システム管理者は最適かつ最速なサーバー構成やネットワーク帯域幅に関する情報収集や、議論の相手に同僚を選ぶことが多いはずです。実際のところ、専門家の意見はベストプラクティスや一般的なユースケースを参照するのには役に立ちますが、すべての状況に当てはまる万能薬的なソリューションをもたらしてはくれません。バックアップインフラのパフォーマンスはいろいろな要因に左右されます。仮想インフラの構成、プライマリサーバーやリポジトリサーバーの修正やネットワーク構成、ホストの構成とVM(仮想マシン)の数、バックアップジョブの必要数、頻度など、様々な要因を考慮しなければなりません。つまり、自社のインフラを評価し、不確実要素を取り除きながらバックアッププランを適正に進めるための最善策は、その特定のニーズに合ったソリューションを採用する必要が有ります。そのソリューションとして最適なのが、Veeam® ONE™です。Veeam ONEとは、Veeam Availability Suite™に含まれる、ビルトインのモニタリング、レポート、容量プランニング機能です。異種混合の仮想環境にも対応するよう設計されているので、バックアップインフラと仮想インフラの両方を統合してわかりやすく可視化します。また、Veeamバックアップの実装環境を設計する際に直面する各種課題にも的確に対応します。Veeam ONEは、仮想インフラを評価して、Veeamのバックアップへの準備や状況を把握し、リソースを最適化して、インフラの性能を最大限に引き出すためのツールです。

当ホワイトペーパーは、Veeam Backup & Replicationの実装に向けて仮想インフラをいかに準備するか、Veeamのバックアップインフラ設定の可視化、仮想化された資産を確実に保護するための環境の最適化など、Veeam ONEで実現可能な各種機能の使用法を論じるものです。

全文ダウンロードのお申込みはこちらから

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください