【Veeamリストア活用①】Nutanix AHV環境への移行


VMware/Hyper-Vといった仮想環境や、Windows/Linux物理マシンのバックアップが実施できるVeeam Backup & Replication。最新バージョンではNutanix AHV環境の保護も実施できるようになり、Veeamを使用することで様々な環境の保護を実現できるようになっております。もちろん、有事の際に取得したバックアップデータを元の環境に復元することは可能ですが、これらの物理/仮想環境のバックアップデータは全てNutanix AHV環境にリストアすることもできます。これにより、物理マシンやVMware/Hyper-VのVMをNutanix AHV環境に移行することも可能で、更に移行後のAHV VMのバックアップもVeeamで実施することができます。

下記がVeeamを使用したNutanix AHV環境への大まかな移行ステップとなります。

【事前準備】

1.Veeam B&Rを使用し、移行元マシンを定期的にバックアップ

2.Veeam B&RサーバにVeeam AHVプラグインをインストール

3.移行先Nutanix AHV環境の登録

【移行実施】

4.移行元マシンをシャットダウン、最終差分バックアップ実施

5.取得したバックアップデータからNutanix AHV環境にリストア

6.起動確認やVirtIOドライバ等のインストール

今回のブログでは移行対象マシンとして「Windows Server 2016」を使用して、実際に移行を行う際の手順についてご紹介します。

続きはこちら

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください