WasabiがHot Cloud Storage with Object Lockをリリース、Veeamでバックアップの不変性(Immutability )を実現


このObject Lock 機能を使用するには、Bucket で Object Lock が有効になっている必要があります。Object Lock の有効化は、Bucket の作成時にのみ行うことができます。そのため、既存のBacketのデータに対して Object Lock を有効にすることはできません。

Object Lock を有効にしたバケットを作成すると、Wasabi Bucket Lock(Wasabi Compliance)の使用が自動的に無効になります。

1.Object Lock対応のバケットの作成方法

このプロセスでは、Object Lock を有効にしたバケットを作成する方法を説明します。Object Lock は、Bucket の作成時にのみ有効にすることができ、一度有効にすると無効にすることはできません。

1-1. Wasabi Consoleのボタン「Create Bucket」をクリックします。

1-2. バケット名を入力し、使用するリージョンを選択して、「次へ」をクリックします。

1-3. トグル・スイッチをクリックして “Bucket Versioning “を有効にし、次にトグルスイッチをクリックして “Object Locking “を有効にし、”Next “をクリックします。

1-4. 新しいバケットの設定を確認して、 “Create Bucket”をクリックします。

2. 利用しているVeeam Backup & Replicationのバージョンとバックアップ・タイプに応じた設定をVeeamユーザ・ガイドを参照して行ってください。

3. S3対応バックアップリポジトリの設定でImmutability (不変)を有効

“Make recent backups immutable for X days “のオプションを選択します。そしてバックアップを不変にしたい日数を設定します。

詳細については、Veeam Block Generation Documentを参照してください。

4. Veeamガイドラインに従って続けます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください