Amazon S3へのバックアップに必要な権限【CloudBerry(MSP360)】


CloudBerryはバックアップの保存先としてAmazon S3を指定出来ます。バックアップを実行するユーザのポリシーには、下記権限を割り当てる必要があります。

{
“Version”: “2012-10-17”,
“Statement”: [
{
“Effect”: “Allow”,
“Action”: [
“s3:ListBucket”,
“s3:GetBucketLocation”,
“s3:ListBucketMultipartUploads”
],
“Resource”: “arn:aws:s3:::バケット名“,
“Condition”: {}
},
{
“Effect”: “Allow”,
“Action”: [
“s3:AbortMultipartUpload”,
“s3:DeleteObject”,
“s3:DeleteObjectVersion”,
“s3:GetObject”,
“s3:GetObjectAcl”,
“s3:GetObjectVersion”,
“s3:GetObjectVersionAcl”,
“s3:PutObject”,
“s3:PutObjectAcl”,
“s3:PutObjectVersionAcl”,
“s3:RestoreObject”
],
“Resource”: “arn:aws:s3:::バケット名/*”,
“Condition”: {}
},
{
“Effect”: “Allow”,
“Action”: “s3:ListAllMyBuckets”,
“Resource”: “*”,
“Condition”: {}
}
]
}


関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください