VMware対応のVMマイグレーション機能「Quick Migration」


Veeam Backup & Replication Version 6に標準装備されているQuick Migrationユーティリティにより、ライブVMをどのホストまたはデータストアにも移行することができます。クラスタや共有ストレージを使用していない場合でも同じです。

Quick Migrationは、ネイティブのVMware技術(ライセンス・レベル)だけでなく、Veeam独自の技術も活用して、次のようなマイグレーション・シナリオに対応します。

●ローカルのデータストアから共有ストレージへのVMのマイグレーション
●2つの個別ホストとデータストア間でのVMのマイグレーション

vMotionおよびvStorage Motionを使用できない場合でも、Quick Migrationのポイント&クリック・インターフェースを使用して、ライブVMをどのソースからどの宛先にでも簡単に移動することができます。また、VeeamのSmart Switch技術により、ダウン時間をほんの数秒に短縮することができます。またソースと送り先(ターゲット)ホストが同一のCPUを使用している必要はありません。Intel製でもAMD製でも構いません。

■イメージ図

●ホスト間でのマイグレーション例

●データストア間でのマイグレーション例

●ホスト – データストア間でのマイグレーション例

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください