StarWind Virtual SANがもたらす高可用性、データ安全性、ベンダー非依存性[StarWind VSAN事例:The Reynolds Company様]


『我が社の目標は24時間365日の稼働、そして更新時や緊急時にもVMのシャットダウンやマイグレーションなしにメンテナンスを可能にすることでした。StarWindは決して期待を裏切りません』― ネットワーク管理者、ジェレミー・モフィット氏

課題

The Reynolds Companyでは、これまで業務環境に、VMware ESXiで管理される2台のNASサーバー構成のストレージを使用してきました。この環境はよく機能していたのですが、ある日突然、スプリットブレインの問題が生じました。そこで、サーバーの診断をハードウェアベンダーに依頼したのですが、そのサポートチームはログを一通り調べても何が起こっているのかを突き止めることはできませんでした。それがきっかけとなり、The Reynolds Companyはシステムの信頼性と、特定ベンダーのハードウェアに依存しないデータ安全性の確保を求めて、新しいソリューションを模索しました。

解決策

The Reynolds Companyは市場調査の結果、StarWind Virtual SAN(VSAN)を採用しました。既存のハードウェアにそのまま実装できるStarWind VSANは、費用の面からも必要となる作業においても大きな節約となりました。特筆すべきは、特定のベンダーに一切縛られない点です。基本的には、既存の2サーバーがStarWind VSANで可用性の高いアクティブ/アクティブ構成のクラスタに生まれ変わりました。このアクティブ/アクティブのレプリケーションは24時間365日の稼働体制も実現しました。1つのホストがメンテナンス中でも、業務環境のVMを常時動かすことが可能になりました。

顧客について

1978年、ヘイズ・レイノルズ氏は3人の息子と1つのビジネスプランを胸に、The Reynolds Companyを設立しました。主要商品は水性の接着剤と上塗材、ドライブレンドの接着剤と上塗材、熱溶融性の接着剤と上塗材です。長年営業を続け、高品質の接着剤メーカーとしての評判がすっかり定着しています。信頼性の高いソリューションとサービスに拠るところが大きいと考えられています。

業種

接着剤・上塗材製造業

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください