N2WSとDatadogの統合方法 : AWSアカウントをリアルタイムで完全に可視化


N2WS と Datadog の統合を使い始める方法を紹介します。このガイドでは、すでに N2WS Backup and Recovery を使用していることを前提としています。

まず、Datadog のアカウントを作成する必要があります。ここではDataDogトライアルを使用します。下図の「Get Started」をクリックして、詳細を入力してサインアップします

これを行うと、すぐに Datadog のセットアップページに移動し、最初のエージェントを設定してから次に進む必要があります。プロセス全体については、こちらのDatadog統合サポート・ページに記載されていますが、N2WSとDatadog統合自体に進む前に必要項目を説明します。

Datadog側では、エージェントのセットアップにUbuntuを使用する必要があります。これにより、いくつかのオプションが提供されますが、「簡単なワンステップインストール」コマンドが提供され、具体的な詳細が入力されていることです。これは、N2WSインスタンスのCLIで実行する必要があるコマンドです。

SSH 経由で N2WS EC2 インスタンスにログインし、「3.N2WS インスタンスで Datadog サポートを有効にする」の「Datadog 統合サポート」の付録ページで説明されている cpmserver.cfg ファイルに必要な行を追加してください。ステップ 2 は後で行うことができます。

設定を追加してエージェントをインストールすると、Datadogは最初のエージェントが接続されたことを知らし、次に進むことができるようになります。Datadogのインターフェイスを開き、「Integrations」に移動し、Pythonを検索してインストールします。

前提条件がすべて整ったところで、N2WS の統合と、メトリクスとダッシュボードをどのように活用するかを確認していきます。

まず、メトリクス・タブを開いて “Explorer “を開きます。”cpm_”と検索すると、N2WSのメトリクスがすべてリストアップされています。これらのいずれかを設定することで、様々なダッシュボードを介して監視(必要に応じてアラートも)を有効にすることができます。

Datadogには多くのメトリクスが用意されています。例えば、災害復旧ボリュームのスナップショット数、保護されたボリュームの状態、EC2、RDS、EFSなどのスナップショット数などを確認することができます。

また、「Over」ドロップダウンメニューでは、これらのメトリクスを N2WS インスタンス全体に適用するか、特定のユーザーのみに適用するかを選択できます。

ダッシュボードの作成は自由度が高いです。特定のメトリクスや設定を追加したり、特定のニーズに合わせてグラフをデザインしたりして自分で作成することもできますし、3つのダッシュボード用に用意されているN2WSテンプレートを使用することもできます。

N2WSの定型ダッシュボードを使用するには、Integrationsタブを開いて「N2WS」を検索し、インストールするだけです。

数分後、「Dashboards タブ」に移動して、3つのN2WSダッシュボードが追加されていることを確認してください。

N2WS Backup and Recovery Graphical ダッシュボードを開くと、多くの情報が表示されていることがわかります。ダッシュボードは基本的に必要な情報をすべてカバーしていることがわかります。

左上には、利用可能なホストが表示されています。複数のインスタンスを実行している場合は、これらを監視し、アラートを作成して、そのうちの1つが失敗した場合に通知を受けることができます。

その次は、バックアップの成功率が表示されており、EBS、DR、S3のバックアップを個別に表示しています。また、バックアップしたエンティティの数や、すべてのアカウントとポリシーを網羅する合計サマリーも表示されます。

下部の4つのグラフは、EBS、DR、およびS3のバックアップ成功状況を、タイプ別に取得したスナップショットの合計数とともに時間経過とともに示しています。下部では、バックアップボリュームの容量データだけでなく、ホストアラートを監視することができます。

繰り返しになりますが、これは統合に付属している定型のダッシュボードにすぎません。メトリクスを実験したり、好みやニーズに合わせて複数のダッシュボードを作成したりすることができます。

この新しい N2WS と Datadog の統合により、ユーザの重要な災害復旧戦略を監視するために、主要なサードパーティの監視ソリューショ ンを活用することができるようになりました。N2WS バックアップとリカバリが監視されていることを確認するだけでなく、ユーザ・フレンドリーなダッシュボードを介して重要なメトリクスを一箇所に集め、アラートを実装し、イベントに対応するための更なる統合を作成することができます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください