Microsoft Office 365を保護するVeeamの新ソリューション![Veeam Backup for Microsoft Office 365] 正式リリース


Veeam Backup & Replicationは新しい統合機能を追加します。それは、Veeam Backup for Microsoft Office 365です。
v2がリリースされました!v2新機能無償版などの情報はこちら

Microsoft Office 365は、自分のメールインフラストラクチャを持つことなく、いつでもどこでも使用できます。しかし、それはメールデータのローカルバックアップを持たなくていい理由にはなりません。Veeam Backup for Microsoft Office 365は、メールデータを失うリスクを軽減し、ユーザーへの可用性を保証します。

Veeam Backup for Microsoft Office 365ができること

  • Office 365のバックアップ

    自身の環境にOffice 365のメールデータを安全にバックアップします。

  • メールの復旧

    迅速に最善の粒度で、個々のメールボックスアイテムを復旧します。

  • メール アーカイブの電子情報開示(eDiscovery)

    高度な検索機能と柔軟な復旧、エクスポートオプションでメールアーカイブの効率的な電子情報開示を行います。

※2016年11月29日に正式リリースされました。評価版はこちらからダウンロードできます。

 

アーキテクチャ

Veeam Backup for Microsoft Office 365はVeeam Backup & Replicationに統合されています。それは、ハイブリッドクラウド環境をバックアップでき、Office 365とオンプレミスのExchange環境間でメールボックスデータを移行できることを意味します。


 

インストールと構成

Veeam Backup for Microsoft Office 365をインストールして、構成してみます。インストールと構成は非常に簡単に行えます。

インストールパッケージには、2つの実行ファイルが含まれています。

  • Veeam.Backup365.exe
  • VeeamExplorerForExchange.exe


Veeam.Backup365.exeは、Veeam Backup for Microsoft Office 365のインストールファイルで、VeeamExplorerForExchange.exeは、Veeam Explorer for Microsoft Exchangeのインストールファイルです。これら2つのインストールファイルはスタンドアロンなため、個別にインストールします。

Veeam Backup for Microsoft Office 365のインストールはウィザードに沿って、簡単に行えます。インストール後、構成を開始するために、Veeam Backup for Microsoft Office 365をクリックします。


ユーザーインターフェースが開きます。


構成を開始するため、左上のメニューアイコンをクリックし、Optionsを選択します。


バックアップリポジトリに関する設定を行います。バックアップの保持期間や保存先を指定します。さらに、バックアップから除外するフォルダも構成できます。


リポジトリの設定後、Office 365アカウントに接続する必要があります。Add Orgアイコンをクリックして設定を開始します。


Add OrganizationウィンドウにOffice 365の認証情報を追加します。


認証情報を追加すると、Veeamは必要なPowerShellコマンドとOffice 365の設定を有効にします。


次にバックアップジョブを作成します。Organization名を右クリックするか、Backupアイコンをクリックします。


バックアップジョブ名を入力し、バックアップするアカウントを選択します。


希望のスケジュールを指定します。


Veeam Backup for Microsoft Office 365によって、Office 365がバックアップされます。

 

メールの復旧

Veeam Backup for Microsoft Office 365による復旧はセットアップよりも簡単です。Veeam Explorer for Microsoft Exchangeを実行して、復旧を開始するため、オプションを選択します。


Explore latest stateを選択する場合、すぐにVeeam Explorer for Microsoft Exchangeが開始されます。Explore point-in time stateの場合は、Explore Backupウィンドウで詳細を指定する必要があります。


利用可能なメールボックスを参照します。


復旧したいメールボックスの保存先を選択し、リストアを開始します。処理が完了すると、ユーザーに復旧されたメールボックスを提供できます。



関連トピックス

Microsoft Office 365を保護するVeeamの新ソリューション![Veeam Backup for Microsoft Office 365] 正式リリース への1件のフィードバック

  1. climb のコメント:

    Veeam Backup for Microsoft Office 365 V2がリリースされました。
    ・V2ではV1と比較するとSharePoint と OneDrive for Businessのバックアップ
    サポートが追加されました。
    ・さらに Veeam Backup for Microsoft Office 365 Community Editionという
    無償版もリリースされました。製品版と比較すると:ユーザ数が10まで、
    SharePoint のデータ保護が 1TBまでの制限があります。
    ・V2の技術ブログは準備中です。
    ・Veeam Backup for Microsoft Office 365 Community Editionご希望の方は
    下記のサイトからご連絡ください。
    https://www.climb.co.jp/soft/contact/contact.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください