株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


Zerto 8.5の新機能

Zerto Data Protectionライセンス

Zerto 8.5では新たに、Zerto Data Protection(ZDP)というライセンスが追加されました。このライセンスは、レプリケーションとしてはあくまで一つのサイト内でのみ使用できるローカルDR機能と、長期間保持(Long-Term Retention)用のバックアップ機能をご利用いただけるものです。
サイト間のレプリケーションが行える通常のライセンス(ECE) と組み合わせてご利用いただくことも可能であり、Tier 1のミッションクリティカルなシステム、仮想マシンに関してはECEライセンスを使用、異なるサイトで即座にフェイルオーバーを行えるように構成し、バックアップ/リストアのみで問題ないシステム、仮想マシンに関してはZDPライセンスを使用、コストの最適化を行えます。

Zerto Data Protectionライセンス


AWS、Azureへのダイレクトバックアップ

レプリケーションされた複製データでは30日間のジャーナル履歴しか保持できないため、年次や月次といった長期間の保管には不向きです。このため、Zertoでは長期間保持(Long-Term Retention)用のバックアップ機能を用意しています。
そしてこのバックアップ保存先として8.5では新たにAmazon S3とAzure Blob Storageに対応しました。これにより、オンプレとDRサイトでのレプリケーションに加えて、クラウドでのデータアーカイブといった構成も簡単に実施いただけます。

AWS、Azureへのダイレクトバックアップ


オリジナルVMへのファイル、フォルダの直接リストア

オリジナルVM上にファイル、フォルダをリストアする場合、8.0ではZertoのWeb UIからリストアを実施し、ダウンロードしたものを移動する必要がありました。8.5ではこのような手間のかかる方法ではなく、オリジナルVMへ直接、ファイル、フォルダをリストアできます。

オリジナルVMへのファイル、フォルダの直接リストア


VMware on Public Cloud対応

パブリッククラウド上で提供されるVMware環境として、Oracle Cloud VMware Solution、Google Cloud VMware Engineに加えて 、Zerto 8.5では 新たに Azure VMware Solution をサポートしました。

VMware on Public Cloud対応


VRA管理の自動化

レプリケーションの実処理を担当するVRAは、各ハイパーバイザホストに配置する必要があります。大規模な環境ですとこれらの管理が手間になってきますが、8.5では自動化機能により、大幅に簡単化できます。クラスタ単位で、利用できるIPアドレスの範囲を事前設定しておくことで、そのクラスタへのVRA一括配置や、追加されたハイパーバイザへのVRA自動配置が可能となります。
加えてレプリケーション先のターゲットホスト(リカバリホスト)をメンテナンスモードに変更する際に従来ではVPG(レプリケーション設定)を手動変更する必要がありましたが、これも自動で変更するように構成できます。

VRA管理の自動化


新しいZerto PowerShell Cmdletsモジュール

既存のZerto PowerShellに追加されるモジュールであり、以下のような機能で自動化を支援します。

新しいZerto PowerShell Cmdletsモジュール



その他の新機能


Ver.8.0での新機能を確認 ≫




Zerto
技術ブログ
動画で見る
Zerto 8.0
Webセミナー

約35分
ホーム
概要
特長
アーキテクチャ
機能
対応プラットフォーム
Zerto 新機能
v8.5新機能
v8.0新機能
v7.5新機能
v7.0新機能
v6.5新機能
v6.0新機能
資料
カタログ・技術資料
ホワイトペーパー
購入
ライセンス体系
導入までの流れ
サポート体制
30日間無料評価版
お問合せ・お見積
テクニカルブログ
Zertoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.