株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


Zerto 9.5の新機能

Linux版 ZVMのリリース

Zerto 9.5 Update 1より、Linux版 ZVMがリリースされました。ZVMはZertoの管理サーバの位置づけであり、いままではZertoを構成するためには、このZVMを導入するためのWindowsサーバの用意が必須となっておりました。しかし、Linux版 ZVMは仮想アプライアンス(OVFファイル)として提供されておりますので、こちらを使用することでZVMを導入するためのサーバの用意すら不要となります。現在はVMware vSphere環境のみの対応となりますが、将来的には対応を広げる予定となっております。

Linux版 ZVMのリリース

保護ボリューム保護の除外機能

Zertoレプリケーション対象のボリュームの除外設定が初期同期においても可能となりました。VPG(レプリケーション設定)でレプリケーション対象マシンの任意のボリュームを同期対象から除外することで、必要なデータのみをレプリケーションすることが可能となり、初期同期実施の高速化が見込めます。

保護ボリューム保護の除外機能

オリジナルへのLinuxファイルリストア

オリジナルVMへのインスタンスファイルリストアは今まではWindowsのみの対応となっておりましたが、Linuxであってもオリジナルへのファイルリストアが可能となりました。GUI上でリストア対象のLinuxファイルを選択し、認証情報を指定するだけで簡単に実施できます。

オリジナルへのLinuxファイルリストア

Azure BLOB LTRリポジトリの不変性対応

Zertoレプリケーションデータの長期保存用途の機能である、Long-term Retention(LTR)では、保存先としてAmazon S3やAzure BLOBなどのオブジェクトストレージを指定することもできます。Zerto 9.5ではこのLTR機能で、Azure BLOBを保存先として指定した際に、バックアップデータの不変性の設定を有効にすることが可能となりました。これにより、ランサムウェア対策としても活用することができます。

Azure BLOB LTRリポジトリの不変性対応

LTRリポジトリとしてGoogle Cloud Storageをサポート

Zerto 9.5ではLTRリポジトリとして、Google Cloud Storageもサポートするようになりました。不変性に関しては現時点では対応外となっております。Zerto 9.5で対応しているLTRストレージは下記表にまとめています。

対応ストレージバックアップ不変性アーカイブ
NFS
CIFS
Data Domain
ExaGrid
StoreOnce
AWS Storage Gateway
Amazon S3
Google Cloud Storage ○ (New!)
Microsoft Azure Storage○ (New!)
S3-Compatible Storage ○ (New!)○ (New!)

ジその他の新機能


Ver.9.0での新機能を確認 ≫




Zerto
技術ブログ
動画で見る
Zerto 8.0
Webセミナー

約35分
ホーム
概要
特長
アーキテクチャ
機能
対応プラットフォーム
Zerto 新機能
v9.0新機能
v9.0新機能
v8.5新機能
資料
カタログ・技術資料
ホワイトペーパー
購入
ライセンス体系
導入までの流れ
サポート体制
30日間無料評価版
お問合せ・お見積
テクニカルブログ
Zertoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2022 Climb Inc.