費用効率の高い共有ストレージをStarWind Virtual SAN(VSAN)で実現。コンピューティングとストレージが独立したアーキテクチャにも最適なソリューション[StarWind VSAN事例:PROJECT Investment Group様]



『管理のシンプルさと総体的な低コストが魅力で、我々はStarWindを選びました。結果は期待以上で、パフォーマンスを損ねることなく、将来的な拡大も見据えられるようになりました』

課題

StarWind Virtual SAN(VSAN)を導入する前、PROJECT Investment Groupはコンピューティングとストレージが別々になった環境で、1つのクラスタに2つのハイパーバイザーホスト、さらに2つの物理ストレージサーバーと、その上位にVMware vSphere 6.7を使用していました。そして、DataCoreのSANsymphonyを共有ストレージソリューションとして採用していました。しかし、同ソフトウェアの処理の遅さと信頼性の低さが、PROJECT Investment Groupの足枷となっていました。特に、信頼性の問題は深刻で、業務データの可用性や整合性に問題を引き起こしました。そのような状況は、DataCoreの高い価格設定と相まって、PROJECT Investment Groupが直面する大きな課題でした。

解決策

PROJECT Investment GroupStarWind VSANを採用しました。理由は、既存のITインフラストラクチャへの統合が容易なこと、さらに、コンピューティングとストレージが別々になった環境にも、ハイパーコンバージド環境にも柔軟に対応できることが決め手になりました。StarWind VSANをコンピューティング機能から独立したストレージ層として運用することにより、ストレージ用に確実に必要となるハードウェアリソースのみをストレージシステムにインストールすることができます。それにより、コストの節約が達成されました。StarWind VSANは管理が容易なことに加え、コンピューティングとストレージのリソースが互いの制約を受けることなく、個々に独自の活用性を追求したスケーリングが可能になることも大きな利点です。ハードウェアを追加購入する必要もなく、インフラストラクチャのパフォーマンスを維持しながら、企業をさらに成長させることができます。StarWind VSANによって、既存の環境をフルに活用しながら、データの信頼性に対する日常的な問題に悩まされることもなく、PROJECT Investment Groupは将来の業務目標に向けて企業努力を集中することが可能になりました。

顧客について

PROJECT Investment Groupはドイツのバンバーグ市を拠点とする不動産投資会社です。個人投資家や機関投資家など、幅広い投資グループを対象に、不動産分野で投資家のニーズに直結したサービスを提供します。投資プロジェクトを取り扱う上で膨大なデータを処理し、フォールトトレラント(FT – 障害耐性)と高可用性(HA)に優れたITインフラストラクチャの構築が同社の課題でした。

業種

不動産投資

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください