StarWindでITインフラを仮想化[StarWind VSAN事例:South Gibson School Corporation様]


『StarWindを薦められたとき、ここまで素晴らしいとは思いませんでした。経費も削減できたし、とにかく機能性が言うことないです。100%信頼しています』― ITコーディネーター、マット・ビルダーバック氏

課題

StarWind Virtual SAN(VSAN)を導入する前、South Gibson School Corporation(SGSC)は仮想化されていない、非常に古い環境を使用していました。そのようなインフラストラクチャは管理が極めて難しく、更新または交換が必要なコンポーネントも少なくありませんでした。この状況を打開すべく、SGSCは環境の仮想化を決断し、それによってハードウェア数を減らし、全体的なインフラストラクチャ管理を単純化することを目指しました。

解決策

環境を仮想化するためにSGSCが選んだのは、StarWind Virtual SAN(VSAN)でした。理由は、そのシンプルさに加え、費用効率と信頼性の高さでした。StarWind VSANにより、インフラストラクチャ管理が劇的に単純化され、業務環境を構成するサーバーを25台から、わずか6台にまで減らすことができました。ハードウェア数が減った分、その冷却などに要した電力も節約でき、省エネも達成されました。インフラストラクチャ管理が簡略化されたのは言うまでもありません。StarWind VSANはハードウェアにまったく依存しないシステムなので、どのようなインフラストラクチャでも、変更を加えずにディプロイメントが可能です。その特長が、SGSCの直面する仮想化へのハードルを大幅に引き下げてくれました。

SGSCは冗長性のある仮想環境を持つことで、災害復旧(DR)戦略により実効性を持たせることができました。冗長性はソフトウェアとハードウェアのレベルでも実現し、業務を中断することなく、サーバーのメンテナンスや取り換えを行うことが可能になりました。SGSCがStarWind VSANを使用し始めてから7年ほどになりますが、その間、一度も業務環境がダウンしたことはありません。

顧客について

South Gibson School Corporationは米インディアナ州ギブソン郡最大の公立学校です。高等学校1校、K-8(幼稚園から中学までの一貫校)3校で構成されます。190名の教員と専門職員の尽力により、全校生徒90%超の卒業率を誇っています。

業種

教育

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください