既存ハードウェアをそのまま再利用しながらStarWindで柔軟な共有ストレージを構築[Starwind VSAN事例:Quick Bridge Funding様]


『優れたソリューションであることは、すでに知られていて、あらためて言うまでもありません』― シニア システム エンジニア、タイタス・チュウ氏

課題

Quick Bridge Fundingは、ESXiクラスタ用にHA(高可用性)を実現する共有ストレージを求めていました。同社のニーズとして、拡張が容易で、既存のハードウェアをそのまま再利用できることが理想的でした。予算的には、中小企業にも十分手の届く、求めやすい価格も重要な選考基準でした。

解決策

Quick Bridge FundingはQA、開発、ステージングの各環境にStarWind Virtual SAN(VSAN)を採用しました。StarWind VSANのシンプルさと高い費用効率が決め手となりました。わかりやすいインタフェース、徹底したサポート、詳細を網羅した技術マニュアルにより、簡単に実装し、セットアップできることも大きな利点です。Quick Bridgeのインフラストラクチャにも、まったく問題なくデプロイされ、実用化されています。ノード間でデータがミラーリングされるので、真の高可用性が実現されました。また、StarWind VSANのディプロイメントにハードウェアの所有権を必要としない点も見逃せません。既存のハードウェアでそのまま稼働できるので、極めて高い費用効率が達成されます。また、ソフトウェアレベルで共有ストレージが実現するので、物理的に共有されるストレージに比べ廉価で、可用性の高い共有ストレージが構築できます。将来的なスケーリングも容易で、IT環境が会社の成長とともに進化していくことを可能にします。

顧客について

Quick Bridge Fundingはカリフォルニアを拠点とする米企業です。貸付業務を中心に、中小企業が直面しがちな問題の解決を手助けします。必要なときにすばやく、明瞭なしくみで、煩わしいペーパーワーク抜きに専門的ファイナンス支援を提供します。

業種

小企業向け融資

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください